田沼たかし公式ページ >> 議会報告 >> 質問主意書
議会報告(目次)

質問主意書


「質問主意書」は、議会の国政に関する調査・監督機能の一つとして、議員が、内閣に対し、
簡明な書面により、国政一般における特定の事項について、説明を求め、又は見解をただすものです。
質問は内閣に対するものですので、国会、裁判所、会計検査院などの内閣以外の組織に対してすることはできません。

また、資料要求はできません。
各議員が衆議院議長宛に提出し、議長が承認した後、内閣に転送します。

質問主意書を受け取った内閣は答弁書を作成し、閣議決定を経た後、これを衆議院議長に送付します。
質問主意書を提出した議員には、答弁書の写し(副本)が渡ることになります。